Mトラベルのキャンセルについて

せっかく予約したのに強制的にキャンセルされた皆様、怒ってくださいね
今後もありもしないシステムエラーを理由にキャンセルされまくりますよ!
ただの仲介にシステムエラーも何もないでしょ!
注文は入る⇒代理店に伝える(決済する)⇒代理店が購入する⇒購入したことを伝える⇒WEBに手動で購入済みのフラグを立てる

どこにエラーになる要因ありますか???ほとんど手動ですよね?

このプログラムの名前は変えた方がいいですね

入会した人は必ず貧乏になっていく「皆極貧創出プログラム」
実態はこれです。
入金したら最後アップに使われ会社のハリボテ購入資金となります。

経営センスのない連中が携わっている事業はことごとく赤字を垂れ流し
その補てんを中国マネーが担っていたけど現在それが入っていこないので
赤字は膨れ上がっていることでしょう。
MBIが生み出す利益はないに等しく赤字の補てんは会員頼みです。見栄だけで成り立っている哀れな会社です。

慈善事業はすべて会員の大事なお金が使われています。

ダウンが大勢いるリーダー格の方々は今のうちに謝罪して
直に金銭を受け取っているのであれば返金してあげてください。もうわかっているはずです。
出資法違反の罪は重いですよ。

(出資金の受入の制限)
第一条 何人も、不特定且つ多数の者に対し、後日出資の払いもどしとして出資金の全額若しくはこれをこえる金額に相当する金銭を支払うべき旨を明示し、
又は暗黙のうちに示して、出資金の受入をしてはならない。
(預り金の禁止)
第二条 業として預り金をするにつき他の法律に特別の規定のある者を除く外、何人も業として預り金をしてはならない。
2 前項の「預り金」とは、不特定かつ多数の者からの金銭の受入れであつて、次に掲げるものをいう。
一 預金、貯金又は定期積金の受入れ
二 社債、借入金その他いかなる名義をもつてするかを問わず、前号に掲げるものと同様の経済的性質を有するもの

(金銭の貸付け等とみなす場合)
第七条 第三条から前条までの規定の適用については、手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によつてする金銭の交付又は授受は、金銭の貸付け又は金銭の貸借とみなす。
(その他の罰則)
第八条 いかなる名義をもつてするかを問わず、また、いかなる方法をもつてするかを問わず、第五条第一項若しくは第二項、第五条の二第一項又は第五条の三の規定に係る
禁止を免れる行為をした者は、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
2 いかなる名義をもつてするかを問わず、また、いかなる方法をもつてするかを問わず、第五条第三項の規定に係る禁止を免れる行為をした者は、十年以下の懲役若しくは三千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
3 次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 第一条、第二条第一項、第三条又は第四条第一項若しくは第二項の規定に違反した者
二 いかなる名義をもつてするかを問わず、また、いかなる方法をもつてするかを問わず、前号に掲げる規定に係る禁止を免れる行為をした者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る